表面処理による化学的特性には、耐薬品性、汚染防止、抗菌性、耐刷力などがあります。

要求特性 表面処理の種類 適用例
化学的特性 耐薬品性 鉛、白金、無電解ニッケル、錫、工業用(硬質)クロム 化学機器、電極、食品器具
汚染防止 無電解ニッケル、クロム 化学機器、家電製品
抗菌性 銅・銀・コバルト・抗菌アルマイト ドア、ハンドル、把手など
耐刷力 工業用(硬質)クロム・硬質アルマイト 印刷用シリンダ、ローラー

※把手・・・取っ手などの手に握る部分のこと

耐薬品性

化学薬品に対して耐食性を有する特性のことで、一般的に用いられる耐食、防食、防錆とは区別しました。耐薬品性が要求される製品は、化学工業で用いられる各種塔槽類(反応槽、撹拌槽、
蒸留塔など)や熱交換器、バルブ、フランジ、ポンプなどで、鉛めっきや錫-鉛合金末期、工業用(硬質)クロムめっき、無電解ニッケルが利用されています。電極などでは白金めっきも使われています。
食品加工機械のように有機酸に対する耐食性が必要な製品・部品などでは、錫めっきが利用されています。

事例写真:無電解ニッケル

汚染防止

化学機器などの接液面にスケールが付着するのを抑制する性質のことで、無電解ニッケルめっきにこの特性があることがわかり、耐薬品性と相まって広く利用されています。
装飾用途では細菌などの繁殖を抑制する性質があり、汚れにくく清潔感を維持できるめっきとして、クロムめっきが冷蔵庫ハンドルや自動車のドアノブなどに使われています。

抗菌性

プラスチックなどの有機質表面と比べて金属の表面では細菌の繁殖が極めて遅くなることが知られています。この特性を利用し、化学繊維上に銅あるいは、銀めっきを施して靴下の中に編み込むことで、水虫防止や消臭効果を謳った利用法もあります。
院内感染を引き起こす細菌類に対する抗菌効果の高いめっきには、コバルトめっきがあり、ニッケル-コバルト合金メッキが医療器具などに利用されています。

耐刷性

鮮明な印刷を行う上で欠かすことのできない特性です。印刷用のシリンダー・ローラーにはこの特性が必ず必要になります。
オフセット印刷・グラビア印刷などの刷版用シリンダー・ローラーに工業用(硬質)クロムめっきを施すと、鮮明な印刷が行えると共に、寿命の延長、インクによる腐食の防止、インク除去の容易さ、摩耗防止など利点があります。グラベアローラー(銅版)は通常10万部で使用に耐えられなくなりますが、これに工業用クロムメッキを3~10μm施すと100万部以上でも鮮明な印刷を行うことができるそうです。
この他にも、難燃性、海水腐食防止、浸炭防止、写実・再現性など様々な特性を付与することが表面処理でできます。また、機会をみてご紹介したいと思います。