お客様が機械部品を持ち込んでいらっしゃって、『錆びてしまった機械部品のメッキを剥離して、無電解ニッケルメッキを施して欲しい』とご相談がありました。

現在、施されているメッキは、ニッケルクロームメッキなのですが、弊社ではニッケルクロームメッキはおこなっていないので、無電解ニッケルメッキを施して欲しいということです。
(ニッケルクロームメッキがどうしても希望の場合には、協力会社さんにお願いして処理することになりますので、納期的に時間がかかります。)

使用していた機械の部品ということで、サビ以外にも油汚れなども付着しています。
薬品でメッキを剥がしただけでは、きれいな状態になりそうもない状態のため、今回はサンドブラストでサビや汚れなどを除去していきます

1.サンドブラストでクリーニング

サンドブラストで表面をきれいにする前に、脱脂処理をおこない、油汚れだけ事前に除去します。
油汚れやグリスなどが付着していると、サンドブラストのメディアに油が付着して製品に油を吹き付けてしまうようなことになりかねないためです。

脱脂処理をおこなった部品をサンドブラストの装置に入れて1個ずつサンドブラストできれいにしていきます。
穴の中や溝など汚れがたまりやすい部分、サビが出ている部分は念入りにサンドブラストを投射してきれいにします。

サビや汚れ、メッキの剥離が完了した状態が、こちらの写真になります。
穴の中まで、しっかりとクリーニングされてサビがない状態になっていますが、サンドブラストでメッキを剥離する場合、メッキが確実に剥離できていないと2重にメッキがされてしまい、その部分のメッキが後で剥離する場合もありますので、確実に剥離する必要があります。

サンドブラストだけで不安な場合は、ニッケルメッキなどは剥離剤を使用してメッキを剥離する場合もあります。

「めっき・表面処理用語集」知りたい用語を検索。こちらで詳しく解説しています。

2.無電解ニッケルメッキを施す

サンドブラストが完了した製品は油も付着していない状態ですので、すぐにサビてくる可能性があります。後日、メッキをおこなう場合には油などを塗布してサビないように保護しておく必要があります。

今回は、サンドブラストでクリーニング後、すぐに無電解ニッケルメッキを施しますので、そのままの状態で、メッキラインにて処理をおこないました。

サンドブラストを投射したことにより、表面が梨地状態になっているため光沢感のない梨地状の無電解ニッケルメッキ面に外観はなります。

外観的に光沢が必要な場合は、メッキを剥離する際に薬液で剥離する方が良いです。メッキ以外の汚れの除去なども薬液やブラシなどを使って除去することで、手間は掛かりますが光沢のある外観が得られます。

3.動画で解説しています。


表面処理の問題解決します。加工可能な表面処理、お問い合わせ前にご確認ください。

ご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの際は、お電話にてご連絡ください。
0532-45-4025

【受付時間】
平日 8:30~17:00
土・日・祝、会社休業日除く

LINE公式アカウント

めっきをして欲しいが、どんなめっきをしたら良いかわから ない!?

亜鉛めっきは自己犠牲的に鉄を腐食から守る!?

少量のボルトを、バレルで亜鉛めっきして欲しい!!できますか?

鉄の部品のサビを取って、めっきをしたいとご相談が。

この記事の著者は

株式会社小池テクノ 代表取締役 大橋 一友

株式会社 小池テクノ 代表取締役社長
大橋 一友
毒物劇物取扱責任者
水質関係第二種公害防止管理者
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
化学物質管理者
特別管理産業廃棄物管理責任者