めっきには多くの種類があり、いろいろなモノに、いろいろな目的で、いろいろな方法で使われます。

めっきの方法で分けると!

めっきの方法

めっきの方法で一般的に使われるものには、次のような種類があります。

電気めっき 電気を流してイオンの電気的反応を利用する方法
無電解めっき(化学めっき) 電気を使わないで金属原子の酸化還元反応を利用する方法
溶融めっき 溶かした金属に漬ける方法

めっきの全体的な位置付けを図にしてみました。

目的で分ける

目的で分けると、

  • 美しく(外観の美観を得る)
  • 錆びないように(錆びることに対しての防食)
  • 磨耗しにくく
  • 摺動しやすく
  • 硬く

などに分けられます。

あなたの周りにある!どんなものにめっきは使われている!

めっきする材料で分ける

めっきする金属材料で分けると、次のようなめっきなどがあります。

  • 金めっき
  • 銀めっき
  • 銅めっき
  • 亜鉛めっき
  • アルミめっき
  • ニッケルめっき
  • クロムめっき

詳しい内容は、また、別の機会に説明しますが主なめっきの使い分けは、下記の表のようになります。

Al Zn Cr Fe Ni Sn Pb Cu Ag Pt Au
アルミニウム 亜鉛 クロム ニッケル すず 白金
電気めっき
無電解めっき
溶融めっき

○:めっき可能  △:合金でめっき可能または、単体では不可能

めっきされる素材で分ける

めっきされるものの材質や表面の凹凸状態などによって、めっきの付き易さや処理条件が変わってきます。ものに合わせた前処理やめっき方法があります。

例えば、

鋳鉄へめっき 表面凹凸で見合った前処理
アルミダイキャストへめっき アルミは酸化し易いため下地に亜鉛置換めっきを施す。
亜鉛ダイキャストへめっき ダイキャストによる表面しわ修正に銅の下地めっきを施す。
ガラスへめっき 触媒による
プラスチックへめっき 通電化のために下地エッチング処理を施す。

などです。

めっきの構成で分ける

めっきの構成によって分けることができます。

単一めっき 単一金属をめっきする
合金めっき 複数の金属の合金でめっきする
複合めっき めっき金属の中に非金属粒子などを混ぜてめっきする

単一金属ではめっきが付き難い場合でも、合金化することで良い性能が得られるなど、めっきの 成分や構成によって、めっきの種類が増えるのです。

亜鉛めっきを行なっている様子:

めっきは、何に・なぜ・どんな金属を、どのようにしてめっきするかを適材適所に合わせて使い 分けています。

詳しくは、下記バナーよりご覧ください。

弊社の亜鉛めっき加工については、こちらのバナーよりご覧ください。

弊社の無電解ニッケルめっき加工については、こちらのバナーよりご覧ください。