加工設備の一例

概要と代表的な用途例

硫酸やシュウ酸などの無機酸、有機酸溶液中で品物を陽極とし、通電して表面に酸化皮膜、水酸化皮膜を形成させる技術のことです。
アルミニウム合金に形成した皮膜は、「アルマイト」と称され、アルミサッシやドアなどの建材、車両・車体、モバイル機器のカバー、ネームプレート、化粧容器など、広範囲な分野で利用されています。

主な利点・欠点

利点:
染料による着色が可能で、アルミニウムの硬質陽極酸化皮膜は半導体製造装置に利用されます。マグネシウム合金の陽極酸化も実用化され始めています。
チタンの陽極酸化では発色作用を伴い、メガネフレームや、建材への適用事例があります。

欠点:
皮膜は脆く、二次加工性が低い。特にマグネシウム合金では、耐疲労強度の低下が著しい。