弊社のホームページのお問い合わせフォームよりお問い合わせのあった案件ですが、『吊るす穴のない製品をアルマイトして欲しい』とご相談がありました。

他社にも問い合わせしたりしたそうなのですが、『穴がないためラッキングできずアルマイトができない』と言われたそうです。
確かに、製品を確認すると穴もなく、全面が外観となる装飾品なので、治具で掴むことも困難な製品です。

ですが、全くやり方がないわけではないので、試作して接点などの痕が気になるか確認してみるしかありません。

1.ラッキングする

この製品をラッキングする思いついた方法は、アルミの針金で縛って吊るす方法です。
全面外観となる製品のため、アルミの針金を接点として触れさせる部分は、エッヂとなる面取り部分のみとしました。

途中で、接点がズレたりしないように上下に引っ張りアルミの針金がズレないように固定しておきます。

ラッキング

チタンの治具で接点を取るよりも、アルミの針金で電流を流した方が製品への電気の流れはスムーズなので、この方法の方が小さな接点でもしっかりと電流を流すことができます。

2.アルマイト加工をおこなう

ラッキングが完了したら、アルマイトラインへ搬送し前処理を行なっていきます。
確実にラッキングができていないと、この搬送中に落下してしまう可能性もあります。

搬送

前処理が完了し、アルマイト皮膜を生成させるため電解を行います。
ここでアルミ線で流せる電流量を超えるような設定電流にしてしまうと、アルミの針金が溶けて切れてしまう場合もありますので注意が必要です。

アルマイト

アルマイトが完了したら、封孔処理をおこない耐食性を確保し、完成となります。

封孔処理

「めっき・表面処理用語集」知りたい用語を検索。こちらで詳しく解説しています。

3.乾燥後

アルマイトラインから取り出し乾燥した製品が、こちらになります。

乾燥後

この写真で確認すると接点位置がエッヂ部だけで取られていることが、わかるかと思います。

4.マンガで解説しています。


『金属の塊から削り出された、石器のような開梱ナイフ』のクラウドファンディングサイトを、
下記バナーよりぜひ、ご覧ください。

表面処理の問題解決します。加工可能な表面処理、お問い合わせ前にご確認ください。

ご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの際は、お電話にてご連絡ください。
0532-45-4025

【受付時間】
平日 8:30~17:00
土・日・祝、会社休業日除く

めっきをして欲しいが、どんなめっきをしたら良いかわから ない!?

亜鉛めっきは自己犠牲的に鉄を腐食から守る!?

少量のボルトを、バレルで亜鉛めっきして欲しい!!できますか?

鉄の部品のサビを取って、めっきをしたいとご相談が。