加工設備の一例


動画引用: YouTube - チクマ技研工業竹川工業様

概要と代表的な用途例

金属、合金、炭化物、窒貨物、酸化物などの粉末をノズルから高温・高圧で噴出し燃焼炎やプラズマ雰囲気中で溶融状態として品物表面に付着させる技術です。
メタリコンと呼ばれる橋梁、構造物、船体などへの防食溶射や、硬度、耐摩耗性、耐食性などを機械部品などへ付与するプラズマ溶射があります。

主な利点・欠点

利点:
使用目的に応じて、最適な特性の得られる溶射材料を選定でき、特にセラミックスやサーメットの皮膜を形成するには唯一の技術です。ミリ単位での厚膜加工が容易です。

欠点:
コストは比較的に大。皮膜は多孔質で薄膜は耐食性に難があります。加工時の騒音対策に配慮が必要です。