めっき・表面処理用語集
Print

分散媒が液体であるコロイド分散系をいう。通常はゾルと同義語である。
分散質が固体の微粒子の場合には分散コロイドとよび、タンパク質のような巨大分子の溶液分子コロイドという。
これは溶質分子が大きいために、コロイドとしての諸性質を示すので、溶液とコロイド溶液の両方の性格をもっているともいえる。
また、せっけんなどの界面活性剤の溶液は、臨界ミセル濃度(CMC)以上になると会合してミセルが生じ、
コロイド溶液としての性質を示すようになる。これはミセルコロイド(会合コロイド)という。=コロイド溶液

お悩み解決事例はこちらから >

この記事の著者は

株式会社小池テクノ 代表取締役 大橋 一友

株式会社 小池テクノ 代表取締役社長
大橋 一友
毒物劇物取扱責任者
水質関係第二種公害防止管理者
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
化学物質管理者
特別管理産業廃棄物管理責任者