めっき・表面処理用語集
  • HOME »
  • めっき・表面処理用語集
  • な行 »

乳化洗浄(にゅうかせんじょう)

水中に溶剤を分散させエマルション化した脱脂液を用いる洗浄法をいう。普通、界面活性剤を併用する。 一例として、ポリチオン有機溶剤 20〜50ml,白灯油またはトリクレン 10〜100ml,水1Lを混合して用いる。洗浄力が弱 …

肉盛りめっき(にくもりめっき)

寸法不測を補うためのめっきをいう。 例えば時計部品、カメラのシャッター部品などは、若干マイナス寸法に作り、表面硬化をかねて、電気ニッケルめっき、無電解ニッケルめっきの厚さで、寸法を調節している。 グラビア印刷に用いる捺線 …

ニカジルめっき(にかじるめっき)

ニカジルめっきは、アルミシリンダーブロックなどの耐摩耗性と摺動性能を持たせるために開発された技術で、 アルミ素材にニッケル・シリコン・カーバイト合金めっきを施すことによって、表面の強度や摩耗性、摺動抵抗に対する機能改善メ …

ニッケル-亜鉛合金めっき(にっける-あえんごうきんめっき)

ニッケルを5~10%含む亜鉛合金めっきで、酸性浴とアルカリ浴がある。 亜鉛めっきと比べて水素ぜい性が小さく、溶接性などの加工性がよく、加熱耐食性が優れているが、クロメート処理がやりにくいので、 この上に薄く亜鉛めっきをつ …

乳剤清浄(にゅうざいせいじょう)

金属製品の汚れを、乳剤クリーナー中に浸すか、又は、乳剤クリーナーを吹き付けて清浄にすること。

乳剤クリーナー(にゅうざいくりーなー)

石油系溶剤と水を、乳化剤で乳化して作った脱脂剤。

乳化性溶剤(にゅうかせいようざい)

石油系溶剤に乳化剤を加えたもの。金属の清浄の際に、まずこの液に浸し、次いで、水に浸してすすぐか、又は水を吹き付ける

二段階清浄(にだんかいせいじょう)

金属表面に付着している油脂類の汚れを、溶剤を用いて清浄にする場合に、第一洗浄槽で下洗いし、次いで第二洗浄槽で仕上げ洗いをすること。

二層ニッケルメッキ法(にそうにっけるめっきほう)

第1層に硫黄を含まない無光沢又は半光沢のニッケルメッキを施し、その上に硫黄を含む光沢のニッケルメッキを施すメッキ方法。

ニッケル塩封孔処理(にっけるえんふうこうしょり)

封孔液にニッケル塩(主に酢酸ニッケル)及びほう酸を添加して行う水和封孔処理。

1 2 »

小池テクノの加工技術のご紹介

ご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの際は、お電話にてご連絡ください。
0532-45-4025
【受付時間】
平日 8:30~17:00 土・日・祝、会社休業日除く
PAGETOP
Copyright © 株式会社小池テクノ All Rights Reserved.

ご相談・お見積りなどお気軽にご連絡ください!LINE・メールは24時間受付中