めっき・表面処理用語集
  • HOME »
  • めっき・表面処理用語集
  • か行 »

気泡(きほう)

液体・固体の内部や表面にできる、気体を含んで丸くなったもの。 めっき時に発生する水素ガスが気泡となって被めっき面に付着することでピンホールとなる場合がある。 また、被めっき面の表面形状(部分的に粗度が大きい等)により、水 …

共析(きょうせき)

2種類以上の元素が同時に析出することをいい、合金めっきでは、析出電位の近い金属は同時に析出させることができる。例えば、亜鉛-鉄合金めっき・ニッケル-コバルト合金めっきなど析出比率は電流効率が100%とすれば、分極曲線にお …

キリンス仕上げ(きりんすしあげ)

銅および銅合金の化学研磨法。 キリンスは、和製めっき用語で英語のcleanlinessが語源と言われている。 キリンス液は濃硝酸・濃硫酸・濃塩酸の混酸で、数秒の浸漬で光輝色が得られる。 濃硝酸を使用するとNO2ガスが発生 …

キリンス(きりんす)

銅および銅合金の化学研磨法。 キリンスは、和製めっき用語で英語のcleanlinessが語源と言われている。 キリンス液は濃硝酸・濃硫酸・濃塩酸の混酸で、数秒の浸漬で光輝色が得られる。 濃硝酸を使用するとNO2ガスが発生 …

金属イオン(きんぞくいおん)

金属の原子から生じるイオン。 全て陽イオンである。 典型元素の金属のイオンは水溶液中で無職であるが、遷移元素の場合は有色のものは多い。

金属イオン封鎖剤(きんぞくいおんふうさざい)

硬水などで沈殿しやすい金属イオンを可溶性に保つための試薬で、金属キレート生成により金属イオンの化学作用をマスキング(遮へい)する能力を工業的に封鎖能という。 硬水軟化剤として、ポリりん酸ナトリウム・EDTAナトリウム塩を …

基準電極(きじゅんでんきょく)

電極電位の一定した電極で、金属の電位はこの電位との電位差で表す。水素電極、カロメル電極、塩化銀電極、硫酸銅電極などがある。照合電極ともいう。

金属溶射(きんぞくようしゃ)

ガス、アーク、プラズマなどによって金属を加熱溶融させ、これを高速で金属の表面に吹き付けて皮膜を作る表面処理法法。

金属被覆(きんぞくひふく)

あらゆる方法で得られるすべての金属被覆を意味する一般的用語。

均一腐食(きんいつふしょく)

金属表面にほぼ均一に生じる腐食。全面腐食ともいう。

1 2 3 5 »

表面処理の知恵袋 読者登録


 

小池テクノの加工技術のご紹介

ご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの際は、お電話にてご連絡ください。
0532-45-4025
【受付時間】
平日 8:30~17:00 土・日・祝、会社休業日除く
PAGETOP
Copyright © 株式会社小池テクノ All Rights Reserved.

ご相談・お見積りなどお気軽にご連絡ください!LINE・メールは24時間受付中