めっき・表面処理用語集
  • HOME »
  • めっき・表面処理用語集
  • か行 »

官能基(かんのうき)

官能基とは、有機化合物の中にある特定の構造を持つ基で、その化合物の特徴的な反応性の原因となる原子や原子団のことである。同じ官能基を持つ化合物は共通する物理的・化学的性質を持つ。また、有機化合物の名称も、その化合物が持って …

化学的還元作用(かがくてきかんげんさよう)

酸化と還元は化学における基本的な反応の一つで、一般には酸素の授受に注目して、物質が酸素と結びつくことを酸化と言い、逆に酸素を失うことを還元という。 さらに拡張した捉え方として電子の授受に注目して、物質が電子を失うと酸化、 …

加圧蒸気封孔処理(かあつじょうきふうこうしょり)

加圧水蒸気中で行う封孔処理。水蒸気封孔処理、加圧水蒸気処理ともいう。 アルマイトのページはこちらから お問い合わせのページはこちらから

化学梨地(かがくなしぢ)

品物を特定溶液中に浸せきして表面を梨地にすること。→化学梨地仕上げ 詳しくはこちらから↓↓↓ アルミニウムを化学処理するとなぜ「梨地仕上げ」ができる のか? アルマイトのページはこちらから お問い合わせのページはこちらか …

含浸(がんしん)

一般的に多孔質体の空隙に液体を浸み込ませる事をいうが、金属関係では焼結体の開放気孔に油や樹脂を満たすことをいう。軸受などの摺動部品に含油処理をして、自己潤滑生と防錆効果をもたせる。 解放気孔の多い部品にめっきする時は、め …

乾式めっき(かんしきめっき)

溶液を使用しないめっきをいう。狭義には溶融めっきを示す。広義には溶射ほう、拡散被覆、PVD、CVDなども含まれる。→ドライプレーティング 真空めっき(PVD・CVD)の概要と利点・欠点 溶射の概要と利点・欠点 溶融めっき …

ガルバナイジング(がるばないじんぐ)

溶融亜鉛めっきのことをいう。 亜鉛は融点が約420℃で、価格が安く鉄鋼の防食めっきとして、効果が大きく、経済的であるため溶融めっきの需要が多い。 めっき工程は、脱脂洗浄→酸洗→フラックス処理→乾燥→溶融亜鉛浴浸漬→たれ切 …

ガルバニック腐食(がるばにっくふしょく)

鉄と亜鉛、銅とニッケルといった異種金属が水溶液中で接触することによって、卑な金属の腐食が促進され、貴な金属の腐食が抑制される現象。めっき皮膜にピンホールがあると、空気中の水分の結露によって、同様な現象が起きる。 鉄の防食 …

カジリ(かじり)

カジリとは、水分気化や添加剤の気化が原因で、被めっき物の急速な動きや振動やめっき液の急速な流れにより製品の角部分にできるめっき未着部欠陥のこと。

がらめっき(がらめっき)

形状の小さなものを大量にめっきする時に用いられる。 小孔をたくさんあけた合成樹脂製の樽の中に被めっき物を入れて、樽を回転させながらめっきする。 樽の形状は、六角形が多く、量産に適するので亜鉛めっきでは被めっき物が100k …

1 2 3 9 »

表面処理の知恵袋 読者登録


 

小池テクノの加工技術のご紹介

ご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの際は、お電話にてご連絡ください。
0532-45-4025
【受付時間】
平日 8:30~17:00 土・日・祝、会社休業日除く
PAGETOP
Copyright © 株式会社小池テクノ All Rights Reserved.

ご相談・お見積りなどお気軽にご連絡ください!LINE・メールは24時間受付中