めっき・表面処理用語集
  • HOME »
  • めっき・表面処理用語集
  • あ行

あ行

塩基(えんき)

延期の定義は歴史的に変化した。 1)Arrheniusは、水溶液中でOH-を出す物質。 2)BronstedとLowlyは相手からH+を受ける分子またはイオン(陽子受容体) 3)Lewisは、電子供与体と、それぞれ定義し …

アルカリ着色法(あるかりちゃくしょくほう)

鉄鋼表面にFe3O4(四三酸化鉄)の黒色の酸化皮膜を作り、その緻密な膜で内部を保護する方法。種々の方法があるが、アルカリ着色法はNaOH35~45%の水溶液に酸化剤、反応促進剤なdを加えた処理液を130〜150℃に加熱し …

赤棒(あかぼう)

棒状の油性研磨剤で、低温度で焼成してできた酸化鉄を成分とする。金めっき・銀めっきなどの貴金属の仕上げ用=ルージュ・ルージ

青棒(あおぼう)

酸化クロムを成分とする棒状の油性研磨剤、ステンレス、ニッケル、クロムの仕上げ研磨ように使用される。=グリーンルージ

異物(いぶつ)

めっき、表面処理製品に付着、または、めっき、表面処理素材に入っていたり、付着していたりしてはいけないものを異物(いぶつ)という。 異物には以下のようなものがあります。 ・異種金属 ・金属スラッジ ・藻 ・油分などの汚れ …

亜鉛-マンガン合金めっき(あえん-まんがんごうきんめっき)

マンガン含有率が20%以上で、亜鉛めっきよりも耐食性が向上し、マンガン含有率が60~80%で、耐食性が90倍になる。 合金比率の広い範囲で、塗膜の密着性がよく、塗装後の耐食性が優れている。

亜鉛末(あえんまつ)

粉末状の亜鉛金属、めっき浴中の不純物除去に用いる。 例えば、亜鉛めっき浴中のCu,Pb,Cr除去に亜鉛置換させるために投入する。

亜鉛焼き(あえんやき)

「シェラダイジング」または、「亜鉛被覆」といわれる。 粉末亜鉛または、これを含む混合粉末中で鉄鋼を加熱し、その表面から亜鉛を内部へ拡散浸透させて耐食性皮膜を作る方法。 250~400℃で数時間加熱して表層に亜鉛-鉄合金層 …

亜鉛被覆(あえんひふく)

「シェラダイジング」または、「亜鉛焼き」といわれる。 粉末亜鉛または、これを含む混合粉末中で鉄鋼を加熱し、その表面から亜鉛を内部へ拡散浸透させて耐食性皮膜を作る方法。 250~400℃で数時間加熱して表層に亜鉛-鉄合金層 …

亜鉛-ニッケル合金めっき(あえん-にっけるごうきんめっき)

ニッケルを5~10%含む亜鉛合金めっきで、酸性浴とアルカリ浴がある。 亜鉛めっきと比べて水素ぜい性が小さく、溶接性などの加工性がよく、加熱耐食性が優れているが、クロメート処理がやりにくいので、 この上に薄く亜鉛めっきをつ …

1 2 3 14 »

表面処理の知恵袋 読者登録


 

小池テクノの加工技術のご紹介

ご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの際は、お電話にてご連絡ください。
0532-45-4025
【受付時間】
平日 8:30~17:00 土・日・祝、会社休業日除く
PAGETOP
Copyright © 株式会社小池テクノ All Rights Reserved.

ご相談・お見積りなどお気軽にご連絡ください!LINEは24時間受付中