めっきの表示方法はJISで定められています。

・めっきの表示方法

JIS H 0404「電気めっきの記号による表示方法」に、めっきの表示方法が決められています。
この中には、無電解めっきの内自己触媒型を含んでいます。

下記図にて、表示方法をご紹介させていただきます。
※画像をクリックすると拡大します。

ややこしくてわかり難いと思いますので、いくつかの表示例をご紹介します。

例1:Ep-Fe/Cu 20、Ni 25b、Cr 0.1r/:A
(電気メッキ、鋼鉄素地、銅メッキ20μm以上、光沢ニッケルメッキ25μm以上、普通クロムメッキ0.1μm以上、腐食性の高い屋外での使用)

例2:Ep-Fe/Zn 15/CM 2:B
(電気メッキ、鋼鉄素地、亜鉛メッキ15μm以上、有色クロメート処理、通常の屋外での使用)

例3:Ep-Cu/Ni 5b、Cr 0.1r/:D
電気メッキ、銅合金素地、光沢ニッケルメッキ5μm以上、普通クロムメッキ0.1μm以上、通常の屋内での使用)

例4:Ep-Fe/ELp-Ni 15b、ICr 20
(最終メッキが電気メッキ、鋼鉄素地、無電解ニッケルメッキ15μm以上、工業用クロムメッキ20μm以上)

例5:Ep-Al/Cu 10、Ni 10b、Cr 0.1r/:D
(電気メッキ、アルミニウム合金素地、銅メッキ10μm以上、光沢ニッケルメッキ10μm以上、普通クロムメッキ0.1μm以上、通常の屋内での使用)

初めて聞く「めっき・表面処理用語」は、下記バナーからのリンク先で検索可能です。
随時、用語も更新中です。