これ、たまにあるんです・・・
アルマイトを生成させたくない場所に、鉄のボルトなどでマスキングしてきてくれるお客様。

事前にマスキングして来てくださるので、助かるのですが・・・

これはダメです。

アルマイトは硫酸溶液中で陽極電解しますので、金属でしたらアルミニウム、もしくはチタンでマ スキングしないと溶けてしまいます。
また、アルマイトの前処理で硝酸溶液の中にも浸漬されますので、そこでも鉄は溶けてしまうのです。

完全に溶けてしまい無くなるのであれば、まだ救われますが中途半端に溶けてはずす事ができな くなる場合もありますので、アルマイト発注の際にはご注意ください。

アルマイト加工メーカーとしては、鉄でマスキングされており溶けてしまった場合にアルマイト液 の中に不純物の鉄が溶け込んでしまうため、その他の製品の品質にも影響を与える可能性もある ので受け入れ時に確認し、発見した場合はお客様へご連絡しはずさせていただいています。

アルマイトのマスキングについて、もっと知りたい方は、こちらの記事をご参考にしてください。


アルマイト加工のマスキングのダメな事例!

弊社のアルマイト加工については、こちらのバナーよりご覧ください。