めっき・表面処理用語集
Print

大気中にある物質が大気中の水蒸気を吸収し、水溶液を作る現象。

その物質の飽和水溶液の水蒸気圧が大気の水蒸気分圧よりも小さい場合に潮解が起こる。そのために同一物質でも潮解が起こるか起こらないかは大気の水蒸気分圧によって決まる。

めっきで使用する薬品の中で潮解性のあるものは、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)、無水クロム酸、塩化ニッケル、シアン化ナトリウム、塩化亜鉛などで、これらは空気に触れないように、密栓して保存するように注意が必要。

お悩み解決事例はこちらから >

この記事の著者は

株式会社小池テクノ 代表取締役 大橋 一友

株式会社 小池テクノ 代表取締役社長
大橋 一友
毒物劇物取扱責任者
水質関係第二種公害防止管理者
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
化学物質管理者
特別管理産業廃棄物管理責任者