めっき・表面処理用語集
Print

大別すると5種類あり、
・化成処理鋼板(りん酸塩、クロム酸塩)
・拡散浸透鋼板(クロム、アルミ)
・クラッド鋼板(アルミ、ステンレス、銅-黄銅、ニッケル-ニッケル合金、チタン)
・塗装鋼板(塩化ビニル)
・各種めっき鋼板(亜鉛、すず、アルミ、鉛、銅、ニッケル、クロム、鉛-亜鉛、亜鉛-ニッケル、亜鉛-鉄、そのほか多くの合金めっき)

めっきの種類は溶融塩法、水溶液電解法、非水溶液電解法、電気泳動法、真空蒸着法、無電解めっき法などが用いられる。→電気めっき鋼板

お悩み解決事例はこちらから >

この記事の著者は

株式会社小池テクノ 代表取締役 大橋 一友

株式会社 小池テクノ 代表取締役社長
大橋 一友
毒物劇物取扱責任者
水質関係第二種公害防止管理者
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
化学物質管理者
特別管理産業廃棄物管理責任者