めっき・表面処理用語集

建浴とは、「JIS H 0400:1998」の「規格番号4038」に記載されており、
電解槽内にめっき浴その他の処理液を作り、電解できるように準備する作業。

めっき液アルマイト液化学洗浄液などの処理液を定められた比率で調合し、各成分の濃度及びpH(ペーハー)を調整し、
使用できる状態にすることを言います。

建浴には、単一の液、2種類以上を混合させる液、または、すでに調合され濃度、pH(ペーハー)まで調整されている液もあります。

建浴の作業などについては、こちら↓↓↓

めっき・表面処理液の建浴(けんよく)とは

お悩み解決事例はこちらから >