めっき・表面処理用語集

銅および銅合金の化学研磨法。
キリンスは、和製めっき用語で英語のcleanlinessが語源と言われている。
キリンス液は濃硝酸・濃硫酸・濃塩酸の混酸で、数秒の浸漬で光輝色が得られる。
濃硝酸を使用するとNO2ガスが発生するので、濃硫酸に過酸化水素水を加えたキリンス液が市販品として販売されている。=キリンス仕上げ

お悩み解決事例はこちらから >

この記事の著者は

株式会社小池テクノ 代表取締役 大橋 一友

株式会社 小池テクノ 代表取締役社長
大橋 一友
毒物劇物取扱責任者
水質関係第二種公害防止管理者
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
化学物質管理者
特別管理産業廃棄物管理責任者