めっき・表面処理用語集
Print

食塩電解で塩素ガスに耐える不溶性陽極として、白金、マグタイト、黒鉛などが使われてきたが、いずれも消耗量が大きく(黒鉛で2〜3kg/t-NaOH)、寸法精度が悪くて槽電圧が漸増(ぜんぞう)したが、イタリアのデノーラ社がオランダのヘンリーベア社、アメリカのダイヤモンドシャムロック社と共同でチタン上に酸化ルテニウムと酸化チタンを結合させた陽極を開発し、寿命が大きく伸びた。これがDSAであるが、現在では一般名としても使われている。20世紀の大発明の一つと言われる。

塩素発生用には適しているが、発生期の酸素には比較的弱いため、各所で改良が進められている。イタリアのベルメレック社が当初独占的にリースで供給したため、不溶性アノードとして使用される。=寸法安定電源 →不溶性アノード、不溶性電極

お悩み解決事例はこちらから >

この記事の著者は

株式会社小池テクノ 代表取締役 大橋 一友

株式会社 小池テクノ 代表取締役社長
大橋 一友
毒物劇物取扱責任者
水質関係第二種公害防止管理者
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
化学物質管理者
特別管理産業廃棄物管理責任者