めっき・表面処理用語集
Print

物体の温度が上昇したり、低下したりすると、物体は膨張あるいは収縮する。例えば、膨張しやすい金属材料に膨張しにくい金属材料のめっきをすると、被めっき材料の熱膨張あるいは収縮が拘束されるので、被めっき材料に内部応力が発生する。さらに温度が不均一に分布したり、同一金属でも内部に不均一な相(結晶組織・結晶配向など)があると、同様に内部応力が発生する。このような応力を熱応力という。

お悩み解決事例はこちらから >

この記事の著者は

株式会社小池テクノ 代表取締役 大橋 一友

株式会社 小池テクノ 代表取締役社長
大橋 一友
毒物劇物取扱責任者
水質関係第二種公害防止管理者
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
化学物質管理者
特別管理産業廃棄物管理責任者