めっき・表面処理用語集
Print

固体の物質の力学的特性(塑性)の一種。素材が破断せずに柔軟に変形する限界を示す。
展延性は延性 (ductility) と展性 (malleability) に分けられる。英語の “ductility” は展延性と延性の両方の意味で使われる。

物質科学において、延性は特に物質に引っ張る力を加えた際の変形する能力を指し、針金状に延ばせる能力で表されることが多い。
一方展性は圧縮する力を加えた際の変形する能力を指し、鍛造や圧延で薄いシート状に成形できる能力で表されることが多い。
そのため展性を可鍛性(かたんせい)とも呼ぶ。

延性と展性は必ずしも正の相関があるとは言えない。例えば金は延性も展性も高いが、鉛は展性のみが高く引っ張る力には弱い。

お悩み解決事例はこちらから >

この記事の著者は

株式会社小池テクノ 代表取締役 大橋 一友

株式会社 小池テクノ 代表取締役社長
大橋 一友
毒物劇物取扱責任者
水質関係第二種公害防止管理者
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
化学物質管理者
特別管理産業廃棄物管理責任者