めっき・表面処理用語集

電解中、陽極と陰極との間に浸せきした電源に接続されていない導体が、電極のように働く現象。=バイポーラ電極バイポーラ

めっきした製品の一部が溶解してしまう現象のことをバイポーラ現象と言います。
この現象は、バレルめっきなどで発生しやすい「めっき不良」になります。

主な発生原因としては、陰極の浮き、バレル内面への貼り付きや挟み込みによって発生しやすく
なります。

亜鉛めっきで発生する場合のメカニズムを下記リンクで図解入りで説明しています。

 

バイポーラ現象を詳しくは、こちらから

お悩み解決事例はこちらから >

この記事の著者は

株式会社小池テクノ 代表取締役 大橋 一友

株式会社 小池テクノ 代表取締役社長
大橋 一友
毒物劇物取扱責任者
水質関係第二種公害防止管理者
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
化学物質管理者
特別管理産業廃棄物管理責任者