めっき・表面処理用語集
Print

ヘアライン加工とは、ステンレスやアルミニウムによく用いられる研磨方法の一種です。
対象物に一定方向で細い線状のキズを付けます。
ヘラインという名前は、特徴的な細い線状の模様が髪の毛のように見えることが由来とされています。
キズと言っても、細かく均一な模様で、金属特有の質感は残しつつ、艶消し効果を発揮し、高級感のある外観を作り出します。

メリット

・キズや汚れが目立ちにくい。
・加工時間が抑えられる。
・多くの素材に加工可能。

デメリット

・ヘアライン方向と垂直方向のキズは目立ちやすい。
・経年劣化によってヘアラインの模様が薄くなってくる。

加工方法

ベルト研磨機と呼ばれる機械で、一定方向に研磨をし続けることによって施工するのが最も一般的な方法です。簡易的な方法では、サンドペーパーなどで一定方向に磨き痕をつけることでも可能です。

お悩み解決事例はこちらから >

この記事の著者は

株式会社小池テクノ 代表取締役 大橋 一友

株式会社 小池テクノ 代表取締役社長
大橋 一友
毒物劇物取扱責任者
水質関係第二種公害防止管理者
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
化学物質管理者
特別管理産業廃棄物管理責任者