めっき・表面処理用語集
Print

拡散に関する基礎的な法則。
第一および第二法則がある.第一法則:濃度勾配が時間に無制限に一定のとき,拡散の起こる方向に垂直な単位面積を単位時間に通過する量Jは、その場所の濃度cの勾配に比例する。

J = -D grad c

Dは拡散係数といわれる、第二法則:濃度勾配が時間とともに変化する場合の法則で、その変化は次式で与えられる。

 

 
 

Dの単位は国際単位系(SI単位)では m2 s-1。

お悩み解決事例はこちらから >

この記事の著者は

株式会社小池テクノ 代表取締役 大橋 一友

株式会社 小池テクノ 代表取締役社長
大橋 一友
毒物劇物取扱責任者
水質関係第二種公害防止管理者
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
化学物質管理者
特別管理産業廃棄物管理責任者