めっき・表面処理用語集
Print

前に流した製品が装置内に残ってしまい、そのまま次の製品を投入し、混入となってしまう事が要因のひとつとして挙げられる。
製品の投入、取出しが容易で、残留しにくい構造の容器形状が必要となる。

お悩み解決事例はこちらから >

この記事の著者は

株式会社小池テクノ 代表取締役 大橋 一友

株式会社 小池テクノ 代表取締役社長
大橋 一友
毒物劇物取扱責任者
水質関係第二種公害防止管理者
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
化学物質管理者
特別管理産業廃棄物管理責任者