めっき・表面処理用語集

両性元素(両性金属)はアルミニウム、亜鉛、スズ、鉛の4つです。アルミニウム、亜鉛、スズ、鉛は「ああすんなり」と覚えます。

これらが「両性」と言われるのは、酸とも塩基とも反応するからです。
酸としか反応しないもの、あるいは塩基としか反応しないものは両性とはいいません。
また両性元素の酸化物と水酸化物も同様に酸とも塩基とも反応します。

両性元素は典型金属元素で、水酸化物イオンを配位子とする錯イオンを形成します(亜鉛はアンモニアも配位子にできる)。

お悩み解決事例はこちらから >