めっき・表面処理用語集
  • HOME »
  • めっき・表面処理用語集
  • ら行

ら行

レイティングナンバ(れいてぃんぐなんば)

腐食面積と有効面積との割合によって腐食の程度を示す評点。10~0に区分されている。略称RN。

レジスト(れじすと)

化学又は電気化学反応を防ぐため、品物、電極などの表面の一部を被覆する物質。

レベリング(れべりんぐ)

素地の微視的な凹凸や、研磨の条こんなどを平滑にするめっき浴の能力。平滑化作用ともいう。→平滑能

レリービング(れりーびんぐ)

色を少しずつ変化させるため、着色して特定面から物質を機械的に除去する方法。

リプル(りぷる)

電源の特性によって作られる直流電圧の規則的な変調。→脈動率

リフロ処理(りふろしょり)

すず又ははんだめっき後、光沢化、ウイスカー防止及び密着性を向上させるために加熱して溶融させる処理。

緑色クロメート皮膜(りょくしょくくろめーとひまく)

防食を目的とする緑色のクロメート皮膜。 《参考》皮膜の組成割合によって、オリーブ、グリーン、ブロンズ、褐色などの色調を呈する。

臨界電流密度(りんかいでんりゅうみつど)

(電気めっきにおいて)正常な皮膜を生成する電流密度の上限及び下限。

りん酸亜鉛処理(りんさんあえんしょり)

リン酸亜鉛処理とはリン酸塩処理のひとつで幅広く使われている化成処理方法です。鋼鉄や亜鉛メッキ製品などの金属表面などをリン酸イオンと亜鉛イオンを主成分とした溶液と化学反応させることで金属表面に強固に密着した不溶性のリン酸亜 …

りん酸亜鉛皮膜(りんさんあえんひまく)

リン酸亜鉛皮膜とは、リン酸亜鉛を主成分とした結晶による薄い皮膜のことで、鉄鋼製品の塗装の密着・耐久性を高めるための表面処理に使用されます。これはリン酸塩処理のなかでも多く使用される化成処理で、処理液の主成分は亜鉛イオンと …

« 1 2 3 4 »

表面処理の知恵袋 読者登録


 

小池テクノの加工技術のご紹介

ご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの際は、お電話にてご連絡ください。
0532-45-4025
【受付時間】
平日 8:30~17:00 土・日・祝、会社休業日除く
PAGETOP
Copyright © 株式会社小池テクノ All Rights Reserved.

ご相談・お見積りなどお気軽にご連絡ください!LINEは24時間受付中