表面処理による電気的特性とは、電気伝導性・高周波特性・磁性・低接触抵抗・抵抗特性/ヒューズ特性・電磁波シールド・絶縁性などがあります。

要求特性 めっき・表面処理の種類 適用例
電気伝導性 銅・銀・金・錫・ロジウム プリント回路基板、端子、スイッチ、コネクター、接点、リードフレーム
高周波特性 銅・銀・金 ウェーブガイド(導波管)
磁性 コバルト-リン・ニッケル-コバルト・ニッケル-コバルト-リン 磁気ディスク、磁気テープ、薄膜ヘッド
低接触特性 金・ロジウム・ルテニウム 接点、スイッチ、コネクタ、リードスイッチ
抵抗特性/ヒューズ特性 ニッケル-リン(8~16%)-ボロン(2%) 電気抵抗体
電磁波シールド 無電解銅・無電解ニッケルなど パソコン筐体、携帯電話、ビデオカメラ
絶縁性 アルマイト 電子部品・工業用ファスナー

要求特性により、めっき・表面処理の種類を選定することにより各特性を付与することができます。

弊社では、アルマイトによる絶縁性が付与でき、アルマイト皮膜の比抵抗は10の12乗〜10の14乗Ω・cmであり、良い絶縁性をしめします。
この性質を用いて電気部品・工業用ファスナーに用いられ簡単な絶縁には普通のアルマイトでも充分に使え、400V近くの高電圧を使う場所では、硬質アルマイトで厚膜のアルマイトが望ましいです。

弊社で行なっている電気特性目的の代表例: