加工設備の一例

概要と代表的な用途例

溶液中での還元反応を利用して品物の表面にめっき金属を析出させるもので、一部の素材を除き、金属から非金属に至るまで、広くめっき可能であり、膜厚精度も極めて高いため、主に機能を重視した工業的用途に利用されています。また、プラスチックめっきの下地用として不可欠のめっきでもあります。

主な利点・欠点

利点:
複雑な形状にも均一な膜厚が得られます。
不導体素材でも、良好な密着性を持っためっきができ、ほとんどの金属・非金属にめっきが可能です。
欠点:
対象素材によっては特殊で複雑な前処理が必要となります。
重金属、化学薬品を使用するため、排水処理が必要になります。