加工設備の一例

概要と代表的な用途例

酸化や硫化などの化学反応を利用して溶液中で品物の表面に薄い酸化物や硫化物の皮膜を形成す
る技術です。鉄鋼の下地処理としてのリン酸塩皮膜処理や亜鉛めっきの後処理(クロメート処
理)、あるいは、アルミニウム合金やマグネシウム合金の防錆処理(クロメート・ノンクロメー
ト)、銅や鉄の黒染めだどが代表的な処理ではあります。

主な利点・欠点

利点:
クロメート処理またはノンクロメート処理は亜鉛めっきやアルミニウム合金、マグネシウム合金の防錆処理として効果的な処理です。
また塗装下地用の処理として不可欠な技術です。
欠点:
耐擦傷性が低いため、人手に触れる部位では皮膜を保護するクリアーコーティング・塗装などが不可欠になります。